カテゴリー


最近のエントリ


最近のトラックバック


最近のコメント


ブログ全記事表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セルライトのつきやすい場所

セルライトは体の中で脂肪細胞が最も多い場所に見られる傾向にあります。

脂肪の貯蔵や放出をコントロールしている場所を
レセプター(受容体)といい脂肪細胞の中にあります。
レセプターで脂肪が増えたり減ったりする中心的な役割を果たしているのです。

女性の太ももが痩せにくいのは、特に下半身の脂肪細胞の中に
このレセプターが多く配置されているからなのです。
男性に比べて女性の太ももは痩せにくくなっているのはそのためです。

太ももの脂肪細胞には、脂肪放出レセプターが1つなのに対して、
貯蔵レセプターが6つあります。
つまり、脂肪を放出するドアが1つしか無いのに、
脂肪を貯蔵するドアが6倍もあるということで
必然的に太ももは体の上半身などの他の部位に比べて
痩せにくくなっているのです。
その為に、太ももなどの下半身はセルライトが出来やすい部分なのです。

逆に、上半身は、下半身とは全く逆なので、痩せやすく、太りにくいのです。
スポンサーサイト

テーマ : ダイエット/健康/美容/ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

セルライトとは

セルライトは、思春期以降の太った人から痩せた人まで、
ほとんどの女性に見られます。
皮膚の表面にある、ボコボコしたものが、まさにセルライトです。
セルライトを「脂肪」だと思っている人も多いと思いますが
実際は脂肪ではなく、
血流が悪くなったり、リンパの流れが滞ったりすることで出来る、
脂肪細胞の変性した状態の事をセルライトと言います。

皮下組織の血行不良が原因です。
その他、脂肪が急激についたり、
妊娠して胎児の成長などで皮下組織内で起こったりもします。

体脂肪の多い人や、
皮下脂肪の多い下半身部分(お尻、太もも、など)、
二の腕に出来やすいようです。

太っていなくても代謝の低下や、
血行不良などで起こります。

テーマ : ダイエット&ビューティー - ジャンル : ヘルス・ダイエット

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。