カテゴリー


最近のエントリ


最近のトラックバック


最近のコメント


ブログ全記事表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーヒーダイエット効果

ダイエットのために色々と努力をしているにもかかわらず、
なかなか効果のあらわれない人もいます。
それは「痩せにくい体質」になっているからではありませんか。

痩せにくい体質というのは
体脂肪を燃やす体の働きが衰えている状態なのです。

こういう状態の場合、
コーヒーをダイエット方法に取り入れられてはいかがでしょうか。

コーヒーを摂取することで、
より痩せやすい体へと変化させることができるといわれています。

コーヒーにはダイエットを助けてくれる成分が
幾つもはいっています。

コーヒーに多く含まれるクロロゲン酸という成分は
脂肪の燃焼効率を上げてくれます。

またカフェインは体内の基礎代謝アップに役立ちますし
もうひとつのダイエットの働きがあります。

脂肪細胞に蓄えられた体脂肪を分解するためには、
リパーゼという酵素の働きが必要なのですが
大昔から飢餓に苦しめられてきた私たちの体には
ため込んだ脂肪を少々のことでは
分解しないようなしくみが備わっているのです。

そのしくみのひとつがPD酵素でこの酵素が分泌されると
リパーゼの働きが抑えられてしまい、
体脂肪の分解が妨げられてしまうのです。

このPD酵素の働きをおさえてくれるのが、
コーヒーのカフェインなのです。
その為、カフェインをとると体脂肪の分解が効率よく進んで
燃焼もスムーズになり早く痩せることができるというわけです。

更に、コーヒーのとてもよい香りの元である「ピラジン」は
血液をサラサラにしたり、
脳の働きを活性化させる働きを持っています。

コーヒーには私達が考えていた以上に
ダイエットに限らず、たくさんの効果があるのですね。

より一層のダイエット効果が欲しい場合はサラシノールという
「αグルコシターゼ(多糖(麦芽糖や砂糖)を分解する酵素)を阻害する化合物」として
日本と米国で特許を習得している成分が入った
特許成分サラシノール配合ダイエットコーヒーもあります。

くわしくはコチラ


スポンサーサイト

テーマ : 気軽にダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

コーヒーダイエットでは毎日コーヒーを飲み続けるので
段々と飽きてしまうことがあります。
そういう場合はちょっと違った形でコーヒーを摂取するとよいでしょう。

そこでコーヒーダイエットレシピのご紹介です。

まずはシンプルな豆乳コーヒーのレシピです。

コーヒーダイエットはブラックでなければ駄目と思いがちですが、豆乳なら大丈夫です。
コーヒーを普通にいれたらそこに豆乳をたっぷりとそそぎます。
コーヒーが冷めないように豆乳を少し温めておくのがポイントです。
豆乳にはビタミンB1、B2、B6が豊富でさらに
肌の健康を保つ役目をするビタミンEも豊富に含まれています。
鉄分も豊富で牛乳の10倍と言われています。
更に大豆イソフラボンには
コレステロールの低下肥満を防ぐ効果もあると言われています。
コーヒーと豆乳の組み合わせはまさにダイエットにうってつけといえるでしょう。

コーヒーが余ったときはどうすばよいでしょうか。
そんな時は寒天を加えてゼリーにしてしまいましょう。
ゼリーには甘いミルクではなく豆乳をかけると良いでしょう。
寒天には食物繊維が豊富で
糖尿病高血圧高コレステロールに効果があると言われているので
ダイエットに向いているといえます。
コーヒーゼリにすると暑い夏でも口あたりがよく、
食べやすいのでホットコーヒーを飲みたくないときなどにはお勧めです。

毎日飲んでいてコーヒーに飽きてしまったら、
この様にちょっと目先を変えたコーヒーの採り方をすると
無理なく続けられるかもしれません。

より一層のダイエット効果が欲しい場合はサラシノールという
「αグルコシターゼ(多糖(麦芽糖や砂糖)を分解する酵素)を阻害する化合物」として
日本と米国で特許を習得している成分が入った特許成分サラシノール配合ダイエットコーヒーもあります。

くわしくはコチラ

テーマ : ダイエット情報満載 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

コーヒーダイエットというダイエット方法が人気でが、
どのようなダイエット方法なのでしょうか。

まず、コーヒー豆の選択ですが、
コーヒー豆は浅炒りのものが適しています。

毎日食後にコーヒーを飲むようにしましょう。
ただしコーヒーに砂糖を入ずにブラックで飲むか、
飲みにくい場合はミルクを入れて飲むようにすると良いでしょう。
お風呂に入る前や運動をする前に
1杯のコーヒーを飲むのも効果があります。

コーヒーダイエットダイエットの効果をもたらすのは
カフェインですがカフェインは体内から4時間ほどで消えてしまいますので
ダイエットには1日に5杯位は飲みたいところです。

アイスで飲むと腸の働きが低下してしまうので、
必ずホットで飲むようにしましょう。

ダイエット成功の秘訣は、コーヒーを飲むだけでなく
同時に食事療法やマッサージも積極的に取り入れていくことです。
マッサージにはコーヒーのカスを使いましょう。
マッサージ液の作りかたは残ったコーヒーカスを布やストッキングに包み、
お湯を張った洗面器に入れます。
コーヒー液をマッサージオイルの代わりにして、
全身に塗りながらマッサージしてみましょう。
入浴時なら色のついたコーヒー液で服が汚れることもないので安心です。

さらに有酸素運動と組み合わせるのも効果があります。
脂肪の燃焼には疲れ過ぎない程度の適度な運動が適しています。
疲れすぎないストレッチなどをするのが良いでしょう。
座ったままで首を左右に動かしたり、
足を組んで状態をひねったり、
朝目覚めたときやテレビを観ながら
簡単なストレッチをしても良いでしょう。
簡単な運動と食事療法、
そしてコーヒーの摂取でダイエットを短期間で成功させたいものです。

より一層のダイエット効果が欲しい場合はサラシノールという
「αグルコシターゼ(多糖(麦芽糖や砂糖)を分解する酵素)を阻害する化合物」として
日本と米国で特許を習得している成分が入った特許成分サラシノール配合ダイエットコーヒーもあります。

くわしくはコチラ

テーマ : ダイエット!ダイエット!ダイエット! - ジャンル : ヘルス・ダイエット

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。