カテゴリー


最近のエントリ


最近のトラックバック


最近のコメント


ブログ全記事表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
体脂肪必要性

体脂肪が増えすぎると確かに悪影響がありますが、
減らすだけ減らしていっても良いわけではありません。

体脂肪は、人間にとって必要なエネルギー源です。
完全な飢餓状態にされたとしたら私たちの身体は
生存していくために栄養分を貯めていこうとするのです。

食べ物として口から採る栄養分は、
じきにエネルギーとして消費されるもので、
長期間留まることはできません。
一方、体脂肪は効率よく身体に留まることができて、
例え暫くの間、栄養が入ってこなくても、
体脂肪のお陰で暫くは生きていかれるのです。

又、体脂肪には体温維持にも必要で、
暑さや寒さからも守ってくれます。
体脂肪には、身体の臓器を守るために、
その温度を一定に保つ役目を持っているんです。
つまり、脂肪が少な過ぎると温度変化に対応出来ずに、
体温が低下し、病気をしたり、
時には命をも危機にさらすことにもなりかねません。

更に、体脂肪にはホルモン分泌を促すという役目もあり、
食欲などの調節にも働いてくれるのです。

こうしたことからも分かるように体脂肪は、
単にエネルギー源として蓄えられるだけではなく、
生きていくために大切な働きをしているのです。

ダイエットが必要な場合でも、
正しい知識を持たずにやみくもに痩せようとすると、
危険を伴ってしまう場合があります。
体脂肪は健康的な身体を維持していくためには、
ある程度は必要ですから
自分の理想の体脂肪率を知った上で、
常にチェックしていきましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 健康的なダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

体脂肪率をチェックすると
自分が今どのような状態でいるのかが分かります。

体脂肪の測定には
水中体重測定法、空気置換法、二重X線呼吸法、
皮下脂肪厚法、生体インピーダンス法などがあります。
なんとも聞き慣れないものばかりで難しく聞こえますが、
今は体脂肪が簡単に計れる体脂肪計が家庭でも使えます。

自分の体重が標準体重を超えていて、
余分な脂肪が付いているかどうかを知る為に
体脂肪率を計る前に自分の体重を調べてみましょう。

標準体重と比べた場合の数値はあくまでも目安で、
体重の重さイコール肥満ではありません。

その後、体脂肪率のチェックですが、
運動している人としていない人では、
同じ身長で同じ体重であっても
体を占める筋肉脂肪比率は異なります。

この体脂肪率の数値が問題なわけで、
これを基にして自分が本当に太っているかどうかの判断がつきます。

体脂肪率は、できるだけ同じ状態、同じ条件下で測定しましょう。

たとえ体脂肪を減らすほどの体重ではない場合でも、
私たちの体は年齢や生活環境によって変わるものなので、
その状態を維持することは大切なことでしょう。

体重を減らさなければならない場合でも、
激しいダイエットは身体にいいことは何ありません。

まず何よりも自分の生活習慣食生活を振り返り、
改善すべき点がないか調べ、
無理をすることなくダイエットをしていかなければなりません。

太っている、痩せているの判断材料としてだけに
体脂肪率をチェックするのではなく、
本当に大切なのは健康的な生活をする為だということを、
忘れないようにしたいものです。

テーマ : 健康、美容、ダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。