カテゴリー


最近のエントリ


最近のトラックバック


最近のコメント


ブログ全記事表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
色々話題になっているメタボリックシンドロームですが、
メタボリックは「代謝」、シンドロームは「症候群」という意味です。

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪肥満症のことで、
単に内臓脂肪が多い状態というだけでなく、
高血圧高血糖高脂血症などの生活習慣病を発症している状態を指します。

メタボリックシンドロームになると、
心筋梗塞脳梗塞などを引き起こす元になり、
実際に体脂肪率が高めの人は気を付ける必要があります。

40歳を超えると、このメタボリックシンドロー
ムが急激に増えると言われていますが、
今では食生活の欧米化により、
もっと若い世代の人たちまでもがメタボリックシンドロームの可能性を秘め
いわゆる「予備群」として存在しているといわれています。

メタボリックシンドロームの原因は、
何といっても運動不足過食などの
生活習慣によると言われています。

まずは余分に蓄積した体脂肪を減らすためには、
運動不足を解消するとともに、食生活を見直すなどの生活改善が必要です。
ウォーキングなどの有酸素運動筋肉トレーニングなどを取り入れましょう。

とにかく体脂肪が増えてしまうことは、
メタボリックシンドロームの原因になっていることは間違いありません。

身体に体脂肪を蓄えていくという機能は、
人間にとってはひとつの本能で、人が生きていくために必要不可欠なことです。
又、肥満遺伝子により生まれつき体脂肪がつきやすい人もいます。
このような遺伝子を持っている人は、
特に食生活を見直して改善していかなければなりません。

運動不足や過食などであまりに脂肪がたまってしまうと、
身体には悪いことばかりですから、
とにかくそうなる前に予防措置を忘れないようにしましょう。

メタボリックシンドロームにならないためにも体脂肪率のチェックが必要です。
スポンサーサイト

テーマ : メタボリック - ジャンル : ヘルス・ダイエット

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。